ミックスナッツを食べたら太る?オススメの食べ方や選び方を徹底解説

おつまみやおやつについつい食べたくなるミックスナッツ、家にあると重宝しますよね。でも、ダイエット中はミックスナッツを食べない方がよいと思っていませんか?そこで今回は、ミックスナッツは太るものなのか、解説したいと思います。さらに、ミックスナッツの摂取によって得られる効果、オススメの食べ方や選び方、ミックナッツに合わせるお酒などもまとめてご紹介します。

ミックスナッツの魅力って?

コンビニやスーパー、輸入食品のショップなど至るところで、見かけるミックスナッツ。あれもこれもほしくなっちゃいませんか?ミックスナッツは、健康への意識が高い方、ダイエットしたい方にもおすすめしたい食品です。ミックスナッツの魅力は、主に3つあります。

さまざまな栄養を摂れる

ミックスナッツの魅力は、なんといっても、さまざまな栄養をバランスよく摂れることです。不飽和脂肪酸や食物繊維、ビタミンやミネラルなど、色々な栄養を効率よく摂取できるミックスナッツは、天然のサプリといえるでしょう。

飽きがこない

ミックスナッツは色々な食感や味わいを一度に楽しめるから、飽きることがありません。単品のナッツだと同じものを食べ続けることになりますが、ミックスナッツは色々な種類がほどよく配合されているのが嬉しいですね。少しずつ色々なナッツを食べたいという方も、大満足!

満腹感を得やすい

色々な硬さのナッツをかみ砕くため、たくさん噛めば噛むほど満腹感を得やすくなるのが特徴です。特にダイエット中は、少量でも満足できるミックスナッツが重宝するでしょう。

ミックスナッツに含まれている主なナッツ

ミックスナッツに含まれる定番ナッツは、アーモンド・くるみ・カシューナッツ・マカダミアナッツ・ピスタチオの5つです。それでは、どんなナッツか一つずつ解説します。

アーモンド

アーモンドは、ナッツの定番ですよね。アーモンドは腹持ちがよく、少量でも満腹感を得やすいので、ダイエット中の方にも人気です。アーモンドには悪玉コレステロールを下げる働きがあるオレイン酸が含まれています。糖尿病やメタボリックシンドロームの予防効果が期待できるでしょう。不溶性食物繊維も豊富なので、糖質の吸収を緩やかにします。

さらに、抗酸化作用があるビタミンEが豊富な点にも注目したいところ。ビタミンEにはしみやシワを予防する働きがあるので、アンチエイジング効果を期待したい方はアーモンドを摂取するようにしましょう。

くるみ

くるみにはビタミンやミネラル、タンパク質や食物繊維などが含まれており、栄養バランスが抜群!手軽に栄養補給したい方は、くるみを摂取するとよいでしょう。オメガ3脂肪酸の含有量は、ナッツの中でナンバーワン!オメガ3脂肪酸は悪玉コレステロールを減少させる働きがあるので、生活習慣病の予防に欠かせません。さらに、オメガ3脂肪酸には血流を改善する働きもあるので、冷え性の方におすすめ。

カシューナッツ

ソフトな食感のカシューナッツは食べやすく、子どものおやつにもぴったり!骨を丈夫にする働きがあるビタミンKも含まれているので、骨粗しょう症を予防したい方にもおすすめします。カシューナッツには、高血圧を予防するマグネシウム、貧血を予防する鉄分なども含まれているので、健康な体づくりのためにも摂るようにしたいですね。

また、悪玉コレステロールを下げるオレイン酸や糖質代謝を助けるビタミンBなども含まれており、生活習慣病の予防効果やダイエット効果も期待できるでしょう。ただし、カシューナッツは糖質が多めなので、食べ過ぎないように気を付けてください。

マカダミアナッツ

マカダミアナッツは、コクのある味わいが特徴です。噛み応えがあり満腹感を得やすいため、ダイエット中に最適!栄養素の大半がオレイン酸とパルミトレイン酸ですが、このパルミトレイン酸は加齢と共に減少してしまいます。肌のハリやツヤを保つためには、肌の再生を促すパルミトレイン酸が含まれたマカダミアナッツがおすすめです。

ピスタチオ

スイーツでも大人気のピスタチオは、栄養価が高いことでも知られています。オレイン酸のほか、脂質をエネルギーに変換するビタミンB2を含んでいます。このビタミンB2は不足しがちな栄養素なので、意識して摂るようにしたいものです。

また、むくみ解消効果があるカリウムも豊富なので、体のむくみが気になる方はピスタチオの摂取をおすすめします。殻付きのピスタチオは剥くのが大変ですが、殻なしのピスタチオ入りのミックスナッツもあるので、近くのお店やネットでチェックしてみてください。

ミックスナッツを食べたら太る?

ダイエット中は、油の多いミックスナッツを控えている方も多いのではないでしょうか?確かにナッツは高カロリーですが、ミックスナッツに含まれている不飽和脂肪酸には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあので、むしろ積極的に摂りたい油なのです。

ミックスナッツは、1日に25g、手のひらに軽く1杯分を目安にしてください。1日の摂取量25g程度を守れば、ダイエット中でもミックスナッツを摂取しても問題ありません。ただし、食べ過ぎたら、肥満や肌荒れになりやすいので気を付けてください。

ミックスナッツが間食にも最適な理由

間食=太るものとネガティブなイメージが強い方もいるかもしれませんが、ミックスナッツを間食にするならばOK!ミックスナッツが間食におすすめしたい理由は、主に4つあります。

脂肪を燃焼しやすい

ナッツには脂質を分解してエネルギーに変換するビタミンB2やオレイン酸 が含まれているから、代謝を促進する効果が期待できます。ビタミンB2やオレインが含まれているミックスナッツは、効率よく痩せたい方にもってこいの食品といえるでしょう。

糖質が低い

スナック菓子やチョコレート、ケーキなどは糖質が高めですが、それに対してミックナッツは糖質が低めです。ダイエット中でも、糖質が低いミックスナッツなら安心して摂取することができます。

お通じが良くなる

ナッツには食物繊維が豊富に含まれているため、お通じを良くする効果があります。体内に老廃物を溜め込みにくいので体の内側からキレイになるし、便秘で肌荒れになることもありません。おやつには、食物繊維が豊富なミックスナッツがおすすめです。

美肌効果がある

加齢に伴い、肌のたるみが気になったり、シミやシワが増えたりと肌の悩みは尽きることがありません。ミックスナッツには肌のターンオーバーを促進するビタミンB2、肌荒れを防ぐビタミンB1、肌にハリを与える鉄分など肌に嬉しい栄養素がいっぱい!

ミックスナッツをおつまみにするとき

ダイエット中は、お酒もセーブする方も多いはず。でも、まったく飲まないと、かえってストレスが溜まって身体によくないこともあります。そんなときは、ほどよい量のお酒をミックスナッツと一緒に楽しむとよいでしょう。ミックスナッツは、ナッツ本来の味わいを楽しめる素焼きタイプがおすすめ。前もってお皿に少量のミックスナッツを取り分けておき、食べ過ぎないようにしてください。

また、ミックスナッツに合わせるお酒や他のおつまみにも気を付けたいもの。そこで、おつまみにミックスナッツを食べるときのポイントを2つご紹介します。

太りにくいお酒を合わせる

ミックスナッツには、太りにくいお酒であるウイスキーや焼酎を合わせることをおすすめします。アルコール度数が高いので、お酒や水で割った方がよいでしょう。

ビールや発泡酒、日本酒や甘口のワインやシャンパンは糖質が多いので、ダイエット中には不向きです。ただし、辛口の白ワインや赤ワインならOKです。

低糖質のおつまみも一緒に

おつまみがミックスナッツだけではさびしいので、何品かプラスしたいところ。からあげやフライドポテトなどの揚げ物などは避けて、低糖質のおつまみを選ぶことをおすすめします。例えばタンパク質豊富な枝豆、カルシウムが豊富なチーズは、ダイエット中のおつまみの定番ですね。

また、意外に思われるかもしれませんが、焼鳥もOKです。ただし、タレで味付けしたものは砂糖が多く使われていることが多いので、塩で味付けした焼鳥がベストです。ささみやレバー―、軟骨などはカロリーが低く、ダイエット中でも安心です。生ハムも低糖質なので、太りにくいおつまみの1つです。塩分は多めなので、生野菜やフルーツと一緒に摂るとよいでしょう。

ミックスナッツの選び方や食べ方

ミックスナッツは選び方や食べ方を工夫するだけで、さらに効果を高めることができます。効果を最大限実感するために、早速今日から実践してみてくださいね。

素焼きや無塩タイプにする

ミックスナッツに塩分が多いナッツや味が濃いナッツが多く含まれている場合、その分カロリーも高くなるし塩分摂り過ぎになりやすいでしょう。ミックスナッツを購入するときは、ナッツ本来の味わいを楽しめる素焼きや無塩タイプがおすすめです。

アーモンドとくるみをメインにする

食物繊維が豊富なアーモンドとくるみは、ダイエットしたい方におすすめのナッツです。この2つをメインにして、数種類のナッツをプラスするとよいでしょう。例えば、薄皮にポリフェノールが含まれたピーナッツ、鉄や亜鉛が豊富なかぼちゃの種やひまわりの種などはいかがでしょうか?

間食や食前に食べる

ミックスナッツは、食事代わりに食べるのではなく間食に置き換えたり食前に食べたりすることが大事です。ちなみに、1日あたりの間食は200kcalが適量といわれています。ミックスナッツは含まれているナッツの種類によってもカロリーが異なるので、食べる前にカロリーを確認しておくとよいでしょう。

食べ過ぎない

ナッツは脂質が多い分カロリーが高いため、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいます。食べ過ぎないようにするためには、食べきりサイズのものを利用したり取り分けておいたりするのが安心です。また、酸化しやすいという性質があるため、一度開封したら早めに食べきることが望ましいです。新鮮なナッツを食べるためにも、小分けパックがよいでしょう。

選び方や食べ方を意識して毎日少しずつミックスナッツを摂取しよう

ミックスナッツは、栄養や味、食感もさまざま。効率よく栄養を摂取できるから、飽きることなく毎日摂取しやすいのが魅力です。食べ過ぎると太りやすくなりますが、摂取量を守れば問題ありません。ミックスナッツを毎日少しずつ摂取して、ダイエット効果や健康効果を実感できるようになりましょう。

ダイエットにおすすめのナッツ&ドライフルーツは
【コチラ!】

トップページに戻る

おすすめ記事

  1. ドライフルーツは太る?ダイエット効果がある食べ方や選び方を徹底解…
  2. くるみは男性ホルモンを増やしたい人に最適!男性ホルモンが増加しや…
  3. ドライフルーツはダイエットに最適!おすすめの選び方や食べ方を解説…

関連記事

  1. おすすめのドライフルーツ10選!知っておきたい選び方やアレンジ方…
  2. デーツを毎日食べるとどんな効果がある?相性のよい食品や注意点も解…
  3. しいたけスナックの健康効果とは?食べ方や摂取時の注意点などを解説…
  4. くるみにはどんな健康効果がある?選び方や食べ方そして保存方法も解…
  5. アーモンドにはどんな栄養があるの?種類やおすすめの食べ方なども解…
  6. くるみで女性ホルモンのバランスを整えよう!摂取したい栄養素も解説…
  7. アーモンドを食べ過ぎるとどうなる?一日の摂取量や選び方なども解説…
  8. ​ナッツにはどんな効果があるの?効果を高める食べ方や注意点も解説…

NEW POSTS

PICKUP

PAGE TOP