カシューナッツには女性が摂りたい栄養が豊富!選び方や保存方法も解説

香ばしいカシューナッツは、病みつきになる美味しさですよね。でも、カシューナッツは美味しいだけではなく、女性が摂りたい栄養素が豊富に含まれているのです。美容や健康に気を遣っている方に、特におすすめです。女性が摂りたい栄養素って?カシューナッツについてもっと知りたい!と思った方もいるのではないでしょうか?今回は、カシューナッツに含まれている栄養素、選び方や保存方法などについて解説します。

栄養豊富なカシューナッツは女性の味方

カシューナッツには、女性の健康や美容をサポートする様々な栄養が含まれています。便秘を改善したい、疲れにくい身体になりたい、美肌になりたい、貧血をなんとかしたいといったあらゆる悩みに応えてくれるのが、カシュ―ナッツです。

カシューナッツの主な栄養

それでは、どんな栄養素がカシューナッツに含まれているのでしょうか?カシューナッツには、普段の食生活で不足しがちなオレイン酸やビタミンE、食物繊維もしっかりと含まれています。

タンパク質

タンパク質は、脂質・炭水化物と同様に3大栄養素の一つです。骨や筋肉、血液など身体を作る成分として欠かせません。タンパク質は体内に吸収されるとアミノ酸になり、身体を動かすエネルギーに変換されます。

また、タンパク質は筋肉を作る材料としても重要です。ほどよく筋肉をつけたいときは、積極的にタンパク質を摂取するようにしましょう。

食物繊維

食物繊維には、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の2種類ありますが、カシューナッツには両方の食物繊維がバランスよく含まれているため、便秘の改善効果がより期待できるでしょう。

さらに、水溶性食物繊維は血糖値の上昇を押さえて痩せやすい身体づくりをサポートする働き、不溶性食物繊維は腹持ちがよく満腹感を得やすいという効果もあるので、ダイエットにも最適!

ビタミンB1

ビタミンB1は、パンや麺類、ごはんなどに含まれる糖質を分解する栄養素です。ビタミンB1が不足したら、体内に取り込んだ糖分が分解されないため、肥満になりやすくなってしまいます。痩せやすい体をつくるビタミンB1で、脂肪燃焼しましょう。

また、ビタミンB1には、疲労回復する働きもあります。ビタミンB1が不足すると、疲労の原因といわれる乳酸が体内に蓄積されて、疲れやすい体質になることも考えられます。日頃運動をすることが多い方は、特にビタミンB1を摂るようにしたいですね。

ビタミンB1は、水に溶けやすく熱にも弱いという性質があります。摂取するのが難しい栄養素なのですが、カシューナッツならば手軽にビタミンB1を摂取できます。肥満や疲労体質を防止するためにも、カシューナッツでビタミンB1を摂取しましょう。

オレイン酸

カシューナッツには、不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれています。血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあるオレイン酸は、睡眠不足や運動不足による身体の不調を改善する効果があります。

さらに、腸のぜん動運動も活発にするため、お通じがよくなる効果も!身体の内側からスッキリすることで、ニキビや吹き出物などの肌トラブルも改善されるという相乗効果も期待できるでしょう。

そのほか、オレイン酸はがんなどの原因になりやすい過酸化脂質を作りにくいため、生活習慣病の予防の効果も期待できるといわれています。

葉酸

ほうれん草や小松菜など緑色の野菜に含まれている葉酸は、貧血予防に最適!造血ビタミンとも呼ばれている葉酸には、赤血球をつくる働きがあるんですよ。

特に女性は貧血になりやすいので、葉酸を摂取するようにしたいもの。さらに、葉酸は胎児の発育にも欠かせない栄養素なので、妊娠計画中または妊娠初期の女性も積極的に摂ってほしい栄養素です。

葉酸は、肌の新陳代謝をアップする働きもあります。ターンオーバーのリズムが整うことで、肌荒れやくすみなどの肌トラブルの改善につながると言われています。

鉄分

葉酸と同じく、貧血予防に最適なのが鉄分です。赤血球を構成するヘモグロビンの元となる成分で、鉄分が不足すると疲れやすい体質になってしまいます。葉酸と鉄分の両方が含まれれているカシューナッツを摂ることで、貧血対策はバッチリですね。

ビタミンK

ビタミンKは、あまり聞き馴れない栄養素かもしれません。ビタミンKには、出血したときに血液を固める働きや丈夫な骨を作る働きがあります。カルシウム不足になると骨粗しょう症になりやすいので、ビタミンKが豊富に含まれているカシューナッツで丈夫な体を作りたいですね。

パントテン酸

パントテン酸もあまり馴染がない栄養素という方が多いのではないでしょうか?パントテン酸は、レバーや納豆に豊富に含まれています。食べ物に含まれる糖質や脂質を分解し代謝を促進するので、肥満防止効果があります。

女性に嬉しい効果はそれだけではありません。パントテン酸は、コラーゲンをつくるビタミンCを助ける働きがあります。美肌になるお手伝いもしてくれる栄養素なんですね。

また、パントテン酸は、抗ストレスホルモンのコルチゾールの分泌も促すため、ストレス緩和の効果もあります。毎日を穏やかに過ごすためにも、カシューナッツを活用してストレスを緩和しましょう。

亜鉛

ミネラルの一つである亜鉛は、味覚を正常に保つ働きがあります。私たちは、生活習慣の乱れによって亜鉛が不足しがちです。亜鉛不足になると、味覚障害になりかねません。素材そのものの味を楽しめるようになると、さらに食事のひとときが楽しくなるでしょう。

また、亜鉛には、新陳代謝を高める働きもあります。身体の代謝がアップすると、エネルギーを消費しやすくなるので、ダイエット効果も期待できます。

さらに、髪の主成分のケラチンというタンパク質を作る働きもあります。亜鉛は、ハリとコシのある髪づくりに欠かせません。

亜鉛は身体に溜め込むことができないので、こまめに摂取するためにもカシューナッツを毎日食べることが望ましいです。

銅は疲労を防ぐミネラル成分で、タンパク質と鉄分の結合をサポートする働きがあります。銅が不足すると、疲れやだるさ、息切れなどの症状が出やすくなるでしょう。身体を健やかに保つために、銅は欠かせない栄養素です。

さらに、銅は体内の活性酸素を除去する働きもあるので、若々しい肌を保つことができます。シミやシワなどの肌の衰えも、カシューナッツで防ぎたいですね。

カシューナッツは子供の栄養補給にも最適!

カシューナッツは、私たち大人の健康や美容だけでなく、子供の成長もサポートしてくれます。子供は、成長期には特に発達に見合うエネルギーや栄養素が必要になります。

カシューナッツをおやつや料理に取り入れて、毎日の食生活で栄養補給しましょう。カシューナッツは、カルシウムの吸収率を高める亜鉛が含まれているので、育ち盛りのお子さんにぴったりですね。

子供に食べさせるのは5歳過ぎてから

小さい子供は、食べ物を噛み砕く力や飲み込む力が弱いため、5歳前の子供に食べさせると気道に入って窒息してしまう恐れがあります。また、気管支炎や肺炎を起こすことにもなりかねません。小さなカシューナッツであっても、食べさせないようにしましょう。

ゆっくりと噛み砕いて食べさせる

5歳以上の子供ならば、絶対に安心というわけではありません。カシューナッツを食べさせるときは慎重になる必要があります。カシューナッツを食べるときは、食べることに集中させてゆっくりと噛み砕くように教えてください。

カシューナッツの選び方

市販のカシューナッツには、いろんな種類があります。どれを選べばいいのか迷ってしまうこともありますよね。選び方のポイントは二つ、ヘルシーなものを選ぶこと・新鮮なものを選ぶことです。それでは、詳しく解説します。

ヘルシーなカシュ―ナッツを選ぶ

カシューナッツは、ヘルシーな無塩タイプ素焼きタイプが望ましいです。食べ過ぎを防ぐことができるし、身体に負担がかかることがありません。

それに対して、塩や油を使っているタイプは、ついつい食べ過ぎてしまうしカロリーや塩分の摂り過ぎになりやすいです。むくみや高血圧、脂質の摂り過ぎ、さらに肥満にもつながりやすくなるでしょう。

新鮮なカシュ―ナッツを選ぶ

ナッツは酸化しやすいため、新鮮なカシューナッツを選ぶことが重要です。また、新鮮なナッツは栄養が豊富なので、健康効果や美容効果を実感しやすいでしょう。

万が一酸化したナッツを摂取したら、化合物を摂取してしまうことになります。もちろん、化合物は身体によいものではありません。

カシューナッツの保存方法

皆さんは、カシューナッツをいつもどのように保存していますか?もし、間違った方法で保存すると、カシューナッツの効果が半減してしまいます。保存するときは、二つのポイントを守るようにしましょう。

直射日光を避けて保存

カシューナッツは、光に弱いという特徴があります。したがって、直射日光を避けて保存してください。冷暗所や冷蔵庫で保存するようにしましょう。

早めに食べきる

カシューナッツは、火を通すことで酸化しやすくなり、風味も損ないやすくなります。開封したら、早めに食べきるようにしてください。

すぐに食べない場合は、冷凍保存も可能です。小分けにしてラップで密封してから、フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。ただし、約1ヶ月以内には食べるようにしてください。なお、解凍する場合は、常温でしばらくおいておけばOK!

カシューナッツの栄養の効果を高める方法

カシューナッツの栄養の効果を高めるには、幾つかの方法があります。せっかくの栄養素を損なわないようにするためにも、ここでご紹介する二つの方法をぜひ実践してみてくださいね。

1日の摂取量を守る

1日の摂取量は、約10~20粒です。カシューナッツはひと粒あたり約9kcalなので、10粒食べたら90kcal、20粒食べたら180kcal。意外とカロリーは高いので、食べ過ぎないように気を付けましょう。

小分けにして食べたりよく噛むようにしたりすることで、少量でも満足感を得やすくなります。また、お茶を飲みながら食べるのも満腹感を得やすく、おすすめです。

カシューナッツは毎日食べたい栄養食品ではありますが、食べ過ぎはNGです。食物繊維を過剰に摂取すると便の水分が吸収されて、かえって便秘がひどくなってしまうことがあります。また、脂質の摂り過ぎも、胃や腸に負担をかけて消化不良を引き起こす恐れがあります。

食べるタイミングを意識する

カシューナッツを食べるタイミングは、食前が最適です。なぜならカシューナッツには、糖質の吸収を抑える働きがあるからです。食前に食べることで、糖質の吸収が緩やかになり、太りにくくなることが期待できます。

選び方や食べ方を意識して栄養の効果をさらにアップさせよう

カシューナッツは単品でも効果がありますが、選び方や食べ方、保存方法次第でさらに効果を高めることができます。栄養バランスの良い食事を毎日作るのは大変だけど、カシューナッツをおやつや料理にプラスするだけで、手軽に栄養が摂れるのは嬉しいですよね。

毎日の健康や美容のためにも、カシューナッツを上手に活用して、最大限の効果を実感してみましょう。

当店が厳選したカシューナッツ&ナッツ類は【コチラ!】

友だち追加

トップページに戻る

関連記事

  1. ドライフルーツはダイエットに最適!おすすめの選び方や食べ方を解説…
  2. アーモンドを食べ過ぎるとどうなる?一日の摂取量や選び方なども解説…
  3. 体にいいナッツはどれ?健康効果があるナッツをランキングで紹介!
  4. ピーナッツは体に悪いってほんと?リスクは?主な効果や食べ方も解説…
  5. ひまわりの種の食べ方や選び方を知りたい!摂取時の注意点なども解説…
  6. バナナチップスの栄養に注目!ダイエット効果を高める食べ方も解説
  7. くるみの栄養成分に注目!保存方法やおすすめの組み合わせなども解説…
  8. くるみを食べ過ぎるとどうなる?保存方法や摂取時の注意点などを解説…

NEW POSTS

PICKUP

PAGE TOP