カシューナッツはダイエットに向いている?主な効果や摂取方法を解説

1粒にさまざまな栄養素がぎゅっと凝縮されているカシューナッツは、スーパーフードとして人気!健康や美容にいいだけではなく、ダイエットにも効果あるとご存知でしたか?

今回は、カシューナッツの主な効果、カシューナッツでダイエットする方法や相性の良いものなどをご紹介します。健康的に痩せたい方は、ぜひカシューナッツをダイエットに摂り入れてみてください。

 

カシューナッツはダイエットに向いている?

カシューナッツのカロリーは、1粒あたり約7~9kcal。アーモンドは1粒6kcal、ピスタチオは3kcalなので、カシューナッツのカロリーは高めだということがわかります。

次に、カシューナッツの糖質を見てみましょう。糖質は、10粒あたり約27gです。アーモンド約1.97g、ピスタチオ約11.7gと比較しても、カシューナッツの糖質は高めですね。高カロリー且つ糖質が高いカシューナッツですが、だからといってダイエットに不向きというわけではないのです。カシューナッツには、コレステロール値の上昇を抑える不飽和脂肪酸、糖の分解を促進するパントテン酸などが豊富です。

さらに低GI食品なので、太りにくいのが嬉しいですね。カシューナッツには脂肪燃焼をサポートするビタミンB1も含まれているので、ダイエットにもってこいのナッツといえるでしょう。

 

皮付きのカシューナッツの方がよい?

皮付きのカシューナッツもありますが、皮なしとどんな違いがあるのか気になるもの。皮付きは、不飽和脂肪酸が豊富なため消化しにくいという性質があります。消化に時間がかかるので、胃や腸に負担がかかることがあるでしょう。腹持ちのよさを重視するなら皮付きのカシューナッツですが、あまり食べ過ぎない方がいいかもしれません。

 

カシューナッツのその他の効果

カシューナッツは、ダイエット効果だけではありません。その他にも、主に7つの効果が期待できます。具体的にどんな効果か、1つずつ見てみましょう。

新陳代謝を高める

1つめは、新陳代謝を高める効果です。糖質をエネルギーに変換する働きがあるビタミンB1が含まれているため、脂肪が燃焼しやすくなり新陳代謝がアップ!身体の新陳代謝がアップすると肌の代謝も良くなり、シミや吹き出物などの肌トラブルなども改善しやすくなるでしょう。葉酸にも肌の新陳代謝をアップさせる働きがあるので、いっそう美肌効果が期待できます。

疲労回復

2つめは、疲労回復の効果です。労を和らげる働きがある銅や糖質をエネルギーに変換するビタミンB1が含まれているので、疲れにくい身体になりやすいです。最近疲れがとれないという方は、カシューナッツを摂取してみてください。

生活習慣病の予防

3つめは、生活習慣病の予防効果です。悪玉コレステロールを低下させるオレイン酸が含まれているので、血液がサラサラになり、動脈硬化の防止にもつながるでしょう。

また、血圧を下げる働きがあるカリウム、血糖値の上昇を抑える水溶性食物繊維も含まれています。高血圧やメタボリックシンドロームを予防したい方には、カシューナッツの摂取をおすすめします。

便秘の解消

4つめは、便秘の解消効果です。カシューナッツには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれているので、腸内環境を改善しやすいです。オレイン酸も、整腸作用がある栄養素の1つです。オレイン酸には、便の滑りを良くして老廃物を排出する働きがあります。食物繊維とオレイン酸のWの働きで、頑固な便秘も解消しやすくなるでしょう。

貧血の予防

5つめは、貧血の予防効果です。カシューナッツには貧血予防効果がある鉄分・銅・葉酸が含まれています。鉄の含有量はナッツの中でもナンバーワン!特に女性は貧血になりやすいので、カシューナッツを活用して貧血を予防したいですね。

筋肉をつくる

6つめは、筋肉をつくる効果です。筋肉を含め身体をつくる働きがあるたんぱく質が豊富に含まれています。カシューナッツは、筋トレやスポーツ前後のエネルギー補給にも最適!カシューナッツには体内に蓄積された脂肪を燃焼させる働きがあるので、筋肉は落とさず脂肪だけを落とすことができるのです。

骨を丈夫にする

7つめは、骨を丈夫にする効果です。骨をつくる成分といえばカルシウムを思い浮かべる方が多いかと思いますが、マグネシウムも骨をつくる成分として欠かせません。カシューナッツにはマグネシウム、そしてカルシウムも含まれています。さらに、丈夫な骨を形成するビタミンKも豊富ですよ。骨粗しょう症の予防にも、カシューナッツの摂取は大いに役立つでしょう

 

カシューナッツでダイエットする方法

カシューナッツは高カロリーなので、カシューナッツでダイエットするならば選び方や摂取量、食べ方などがポイントとなります。ここでご紹介する5つの方法を実践してみましょう。

素焼きタイプを選ぶ

市販のカシューナッツには塩味が強いものもありますが、素焼き(無塩)タイプが望ましいです。塩味が付いているタイプは、塩分の摂り過ぎや食べ過ぎにつながりやすいので、控えた方が安心です。カシューナッツ本来の甘みや旨味をじっくりと味わいましょう。

1日の摂取量を守る

カシューナッツの摂取量は、1日あたり10粒を目安にしてください。1粒が約7~9kcalなので、10粒食べたら約90kcalになります。厚生労働省によると、間食で摂取するカロリーは200kcalが目安になっています。食事とのバランスを考えつつ、摂取量を調整しましょう。

間食をカシューナッツに置き換える

ダイエット中もおやつを食べたい!という方は多いのではないでしょうか?間食を我慢するとストレスが溜まり、かえって食事のときに食べ過ぎてしまう可能性があります。ダイエット中は、間食をカシューナッツに置き換えるとよいでしょう。

カシューナッツは、食前に食べることをおすすめします。なぜなら、カシューナッツに豊富に含まれている不飽和脂肪酸には血糖値の上昇を抑える働きがあるため、食前に摂取することでダイエット効果を実感しやすくなるからです。さらに、空腹の状態で食事しないため、食べ過ぎを防ぎやすくなります。

料理では生のカシューナッツを使う

高たんぱく・低脂質のカシューナッツは、料理でも大活躍!カシューナッツと鶏むね肉の炒め物はボリューム満点なのにヘルシーで、ダイエット中の一品におすすめです。

さらに、カシューナッツに含まれるビタミンEは脂溶性なので、炒め物にすると効率よく栄養素を摂り入れることができますよ。カシューナッツは、サラダのトッピングにもおすすめ。サラダのアクセントになり、食感を楽しめます。

カシューナッツを料理で使うときは、できるだけ生のカシューナッツを使うこと。おつまみやおやつ用のカシューナッツは、塩分や油分が含まれているものが多いです。ダイエット中は、特に薄味を心がけたいので、生のカシューナッツを使うことが望ましいです。

しっかりと噛んで食べる

痩せやすい身体になるには、しっかりと噛んで食べることも大事です。1粒のカシューナッツを20~30回くらい噛むようにしましょう。しっかりと噛むと脳の満腹中枢が刺激されるので、食事量も自然とセーブできるようになります。

 

カシューナッツと組み合わせたい飲食物

カシューナッツには、相性の良い食べ物や飲み物があります。どれもカシューナッツのダイエット効果や健康効果を高めてくれる上に、気軽に入手できるものばかりです。気になる組み合わせがあったら、ぜひ試してみてください。

牛乳

アンチエイジング効果を期待するなら、牛乳と組み合わせましょう。牛乳にはたんぱく質を吸収しやすいという性質があるので、カシューナッツと組み合わせるとアンチエイジング効果が高まりやすくなるでしょう。

小魚

健康効果を高めるなら、カルシウム豊富な小魚と組み合わせることをおすすめします。市販のおつまみでも、ナッツと小魚がセットになったものがありますよね。小魚アーモンドは味がしっかりと付いているものが多いので、アーモンドをカシューナッツに替えるとさらにヘルシーになります。

コーヒー

脂肪燃焼効果、つまりダイエット効果を高めたいときは、コーヒーと合わせることをおすすめします。コーヒーにカフェインが含まれているのは、皆さんもご存知の通り。このカフェインには、脂肪燃焼効果があるんですよ。カシューナッツにはコーヒーの脂肪燃焼効果を高めるアルギニンが含まれているので、コーヒー×カシュ―ナッツで脂肪燃焼効果をアップさせましょう。

はちみつ

お通じを良くしたいときは、はちみつと合わせてみましょう。腸内の善玉菌を増やす働きがあるはちみつと、食物繊維豊富なカシューナッツを組み合わせることで、整腸効果がアップします。ヨーグルトも加えたら、さらにお通じが良くなりますよ。

 

カシューナッツを食べ過ぎるとどうなる?

カシューナッツは正しく活用するとダイエット効果がありますが、食べ過ぎるとさまざまなリスクがあります。主に考えられるリスクは、以下の3つです。

肥満

高カロリーのナッツなので、食べ過ぎたら肥満になりやすいです。1日の摂取量をきちんと守って、カロリーオーバーにならないようにしましょう。

肌トラブル

バターや塩を使ったカシューナッツを食べ過ぎると、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを火起こすことがあります。油分の摂り過ぎは毛穴の詰まり、そして肌トラブルにつながりやすいので、気を付けたいですね。

便秘や下痢

食物繊維を摂り過ぎると、かえって便秘になることがあります。また、消化不良を起こし、下痢になることもあるかもしれません。

 

食べ過ぎに注意しつつカシューナッツを料理や間食に取り入れてダイエットしよう

1日に10粒のカシューナッツを食べるだけで、無理なく痩せやすい身体になることができるのは嬉しいですね。カシューナッツの選び方や摂取するタイミング、食べ合わせなども重要です。ダイエット効果だけでなく、健康効果や美容効果もあるカシューナッツを上手に活用できるかは、自分次第。食べ過ぎに気を付けながら、料理や間食に積極的に摂り入れてみましょう。

当店が厳選したカシューナッツ&ナッツ類は【コチラ!】

友だち追加

トップページに戻る

おすすめ記事

  1. ドライフルーツはダイエットに最適!おすすめの選び方や食べ方を解説…
  2. くるみは男性ホルモンを増やしたい人に最適!男性ホルモンが増加しや…
  3. ドライフルーツは太る?ダイエット効果がある食べ方や選び方を徹底解…

関連記事

  1. ​ナッツにはどんな効果があるの?効果を高める食べ方や注意点も解説…
  2. ナッツの一日あたりの摂取量は?摂取するタイミングや食べ合わせも解…
  3. ドライマンゴーの栄養に注目!効果を高める食べ合わせや注意点も解説…
  4. 自律神経をナッツで整えられる理由とは?食事や生活習慣の注意点も解…
  5. ピーナッツを毎日食べるとどうなる?主な効果は?食べ方やレシピも解…
  6. ピスタチオのさまざまな食べ方を知りたい!選び方や保存方法なども解…
  7. ミックスナッツにはどんな栄養がある?選び方・食べ方やレシピも解説…
  8. ピーナッツは体に悪いってほんと?リスクは?主な効果や食べ方も解説…

NEW POSTS

PICKUP

PAGE TOP